2006年09月19日

It's a beautiful day Camp in 朝霧Jam

レポーター:りんご
エコカルプロジェクトメンバー(女性、20代)


asagiri2

夏が過ぎ、秋が深まる10月上旬。
富士山の麓、静岡県富士宮市の朝霧アリーナで開催された「It's a beautiful day Camp in 朝霧Jam」にフェスティバルに行ってきました。

このイベントは「オールキャンプイン」と銘打つように、キャンプをしながらフェスティバルを過ごします。「音楽を楽しみながら、キャンプを堪能できる」のを楽しみに毎年、友人や家族で来る人もいるほど。環境への配慮も万全で、随所に工夫がみられました。


まず、会場の入り口で配布されたタイムテーブルには、ゴミの分別やそれを行う「朝霧JAM'S」というボランティアの人たちのことが書かれていました。また、飲食ブースではこの企画に賛同した地元のお店が地域を盛り上げよう集まり、富士宮ならではの食材をふんだんに使った食事ができることも書かれていました。食事からこの地域の空気を味わうことができることも、このフェスの一つの楽しみ方です。


あたりを見渡すと、当たり前のようにマイ箸、マイカップを持っている人も多く、「このフェスをいい空間にしよう」と気持ちがひしひしと伝わってきました。飲食ブースでは、「紙食器」、そして今年から導入された国産間伐財から生まれ変わった「割り箸」が導入されていました。紙食器は、ゴミ箱に持っていき、リサイクルにしやすいよう破ってから捨てるという、ひと手間いる作業なのですが、どの人も普通にやっていました。


私は、朝霧JAMは初参加で富士山が望める絶好の場所でお酒を飲みつつ、音楽が聴けるということぐらいしか情報がありませんでした。実際に来てみて、このフェス自体がとてものんびりしていて、参加者も本当にのんびりしていることを実感しました。



アーティストがライブをやっている横でのんびり芝生に寝転んでいる人もいれば、踊っている人たちもいるし、アサラトなどの楽器を持って音楽を奏でる人もいたり、KIDSLANDでは子どもたちがきゃっきゃっといいながら、親子で遊んでいるというほほえましい姿もみられました。

asagiri1

私が楽しみにしていたアーティストは、2日目に出演したUA
白いドレスに身をつつみリズムに乗りながら、「情熱」など懐かしいナンバーを歌ったり、時折鳥の鳴き声をしてみたり、自然に溶け込むようなその歌声を聴いていたら、自然の一部に自分がいるんだなぁ、という優しい気持ちになりました。
「今、世界が大きく動こうとしている。このようなイベントが開催できることもみんながこのようなイベントにくることも大きな動きになる。」といっていたUAの言葉がとても印象的でした。


すべての演奏が終わった後、ステージ上からゴミ拾いのアナウンスがされると、ステージ近くにいたオーディエンスが、当たり前のようにゴミ拾いを始めました。「音楽やキャンプなどを通して感じた、自分たちが気持ちよく過ごす空間を作り出す。そこは自分たちで空間を綺麗に守って使っていくことが本当の意味でこのフェスを楽しむことだ」。このことを私は、朝霧JAMのさまざまな光景、それを作り出している主催者やアーティストから学ばせてもらいました。そして来年もぜひ行こう!と心に誓いました。

RISING SUN ROCK FESTIVAL in EZO 2007

レポーター:かなでぃ
EZOROCKメンバー(女性20代)


青く大きな空、揺れる緑、この北海道の大地で開催された
RISING SUN ROCK FESTIVAL in EZO 2007(以下、RSR)

sIMG_8247.JPG

2007年8月17日〜19日に行われた北海道最大のロックフェス。
今年はエリアが拡大したこともあって、
来場者数は、約7万人に達しました。

私自身は4回目になるRSR。なにより楽しみなのが、
2日目にみる、あおむらさき色の夕日空。その下で
聞く音楽。何より北海道の大自然を肌で感じながら、
大好きな音楽を楽しむ、最高に贅沢な空間です。


sIMG_8565.JPG


特に印象的だったのは、COCCOの歌声。3日目の朝焼け
のなか、彼女たちの神秘的な歌声が北海道の空いっぱいに
響き渡った瞬間です。思わず釘付けになってしまいました。

RSRは、環境や社会問題への取り組みも毎年、進化しています。
まず、ひとつめは、北海道のNPOやNGOがあつまる
オルタナティブエリアというエリアです。
そこは、音楽じゃないROCKが体感できる場所。
今年はレインボーカラーで統一され、遠くからでもすぐにわかりました。
なかに入ってみると、そこではカンボジアの地雷体験ができたり、
手作りでマイ箸が作れたり、インドのヘナ体験ができたり、
自分の肌で観て、感じて、世界を体感できる場所でした。
オルタなカフェでゆっくりオーガニックフードを楽しむのも
RSRの楽しみ方のひとつでした。


sIMG_7530.JPG


環境の取り組みとしては、
今年も約200名のボランティアスタッフが会場内5箇所の
ごみ箱で13分別の呼びかけを行いました。
ごみ箱に絵を描く、ごみ箱ペイントは土やねんどの天然顔料を
使用して、ナチュラルな色合いで会場の雰囲気をつくりだしました。

また、今年はオルタナティブエリアと環境対策本部では
バイオディーゼル燃料を使用して発電しました。
そのバイオディーゼルの意味を説明をしながら
実際に発電機を見学するツアーも実施しました。

ツアー参加者の中には、
ほんとにてんぷら油の香りがするんですねえとの感想も。

50年後も変わらず、広く青い空の下、おいしい空気と緑のなか
で気持ちよくこの会場で音楽を聞いていられる環境を残してい
きたい。そのために、音楽とプラスで環境を入れて
楽しみながら考えていきたいと心から思えるフェスでした。

sIMG_8565.JPG


アースセレブレーション

レポーター:パコ
エコカルプロジェクトメンバー(女性、20代)


毎年、新潟県佐渡島で開催されているアースセレブレーションが、今年20周年を迎えました。天候にも恵まれた3日間は、過去に出演した多彩なゲストたちの競演により、例年以上に素晴らしいフェスティバルとなりました。


sado logo


佐渡島を拠点に活動するプロの和太鼓集団「鼓童」が、海外から様々なアーティストを招き、多様な文化を紹介し、自然の恵みに感謝する。それは、町の商店街に隣接した芝生の広場へと広がり、数多くの伝統音楽の演奏や自由に踊る人たちとの出会いを創り出します。昼は商店街や神社からアフリカ音楽や和太鼓演奏が響き、夜は山の中にある野外コンサート会場で国境を越えた音楽セッションに老若男女が自由に踊ります。そして、コンサートの幕が閉じると、
小木の盆踊りが始まります。地元の人たちを中心に、みんなでその土地の音楽と踊りに浸るのです。


session



港に隣接した芝生のマーケットではキッズコーナーや佐渡の野菜をふんだんに使ったお店、打楽器を自由に叩くセッションもあり、人々が触れ合う場面がたくさんあります。もちろん、ごみ分別コーナーは設置され、来場者をナビゲートするボランティアは、小学生から大人の人たちでした。特に驚いたことは、ごみ箱のサイズ自体が他のフェスティバルよりも小さかったことです。ごみを出すこと自体、少ないフェスティバルなことに感動しました。
また、ボランティアの方とのお話から、彼らは「エコひびき」という方々で、新潟県のごみゼロ活動を実践されているそうです。「県そのもの」が変わっていくことにとても共感しました。


wastebin


「この3日間は佐渡が佐渡でなくなる」。出逢った地元の方々は、こう語ります。佐渡島を訪れた人たちと地元の人たちが融合して楽しむフェスティバルとなっているからかもしれません。股引姿のおじいさんが、商店街の中心で演奏されるアフリカ音楽とそれに合わせて踊る人々の近くで、のんびりと近所の人とスイカを食べている光景がとても印象的でした。
私は今年で2回目の参加になりますが、地元の人たちに暖かく迎えられ、島民でない私も「一緒に素敵なフェスティバルを作ろう!」という気持ちが自然と湧いてくるのです。


sado english


このフェスティバルでは現代の「大量生産・大量消費」から一線を画し、人の繋がり、自然の恵み、音楽から感じる豊かな多様文化を十分に感じることができました。
私も含め、日本中、世界中から集まる人々はそんな自然の恵みに感謝し、人や自然とのつながりを心の底から満喫しているように見えました。


新潟県「島内イベントごみゼロ運動」
佐渡島について

2006年09月18日

FUJI ROCK FESTIVAL’07

レポーター:きなこ
エコカルプロジェクトメンバー(女性、20代)



sky

今年で11回目となるFUJI ROCK FESTIVAL’07(以下、フジロック)。
私は前夜祭を含め4日間参加しました。一時雨が降りましたが、今年は特に天候に恵まれ、開催地である苗場の自然と音楽を満喫できました。


pll

私は会場を新潟県苗場スキー場に移した99年からほぼ毎年参加しているのですが、開催を繰り返すごとに来場者の増加を感じてきました。
またその一方では、多くの来場者がエコ&ピースな空気を共有できる参加型フェスへと変わってきているとも感じています。99年と比べ近年ではポイ捨てされているゴミも驚くほど減ってきています。


gom

フジロックホームページにはこう記載されています。
『このフェスティバルに来場される方は「自分勝手」「他人任せ」という言葉は捨てていただき、「Do It Yourself」「助け合い」「自然を敬う」という心と共に来場していただきます。』

私自身もそうなのですが、フジロックを楽しみ、かけがえのない思い出を作った数万人の来場者は「また来年も楽しみたい!」という想いを持つと思います。そしてフジロック存続のため、苗場の自然を守るために、「自分のゴミは自分でゴミ箱に捨てる」「ゴミを細かく分別する」など、一人ひとりがゴミのマナーを守るようになります。これは都市での忙しい日常生活では意外と意識できないゴミや環境について、来場者が興味を持つきっかけになっていると思います。
近年タンブラーやマイ箸を持っている人も増えてきていると思います。
演奏終了後には来場者が積極的に会場におちているゴミを拾い、資源回収ボックスで分別する姿が見られました。「ゴミを拾う」=「かっこいい」という様な意識がフジロックにはあるようです。

また、「地球温暖化」「自然エネルギー」「貧困」をテーマに、国内外で活躍するNGOが11団体集まっている【NGO VILLAGE】も賑わっていました。また今年からは国産間伐材を原料とした割り箸を導入、たばこパックリサイクルなどなど。このように、フジロックは「世界一クリーンなフェス」と呼ばれるために、毎年さまざまな環境保全に挑戦しています。

私は音楽や自然を楽しむだけでなく、そういったフジロックの取り組みにも目を向けるようにしています。そして思い出だけでなく、ゴミの分別方法や環境保全への知識も東京に持ち帰っています。フジロックなど野外フェスにはこういった楽しみ方もあると思います。

【NGO VILLAGE】参加団体
世界の医療団 特活 メドゥサン・デュ・モンド ジャポン
自然エネルギー推進市民フォーラム(REPP)
アジア日本相互交流センターICAN
A SEED JAPANロック ザ 再処理プロジェクト
Save the 下北沢
ECO LIFE NETWORKサイクリング
FAN3-fan saba-
麻こころ茶屋
MAKE SOME NOISE!アムネスティ 国際キャンペーン
NICE(日本国際ワークキャンプセンター)
カルカッタ・レスキュー

candle

ap bank fes '07 レポート

レポーター:まっすー
エコカルプロジェクトメンバー(男性、20代)


音楽プロデューサーの小林武史、Mr.Childrenの桜井和寿らが運営するap bank(可能性ある新しい未来をつくろうとしている環境プロジェクトに融資を行う非営利組織)主催のap bank fes’07に行ってきました。
ap bank fesは今年で3回目、環境をテーマにした野外音楽フェスです。今年は台風の影響で、残念なことに1日目、2日目が中止になってしまい、3日目のみの開催となりました。温暖化が進むと台風の大型化や竜巻などが発生しやすくなるということを聞いたことがありますが、まさか環境をテーマにしたap bank fesと重なるなんて、少し複雑な気持ちになりました。
今回、私は飲食出店の手伝いで参加しました。飲食出店では、ドリンクを中心に売ったのですが、さすがap bank fesという感じでした。コップは全てリユースカップを使い、お客さんの中にはタンブラーやマイ箸を持ってきてたりと、来場者の環境への意識が高いなと感じました。出店している多くが、有機栽培の野菜を扱っていて、環境にも人にも優しい飲食店が多く、また、場内を歩いていても、本当に約3万人もの人がいるのかと疑うくらいに、ゴミが全然見当たりませんでした。ごみゼロの分別ナビとgreenbirdの清掃活動で、場内はとてもクリーンに保たれていました。
販売のピークを過ぎた合間に少しステージを見に行くことができました。ステージエリアは、とてもアットホームで開放感があり、芝生に寝転がって音楽を楽しむ人、子ども連れの家族など、会場内はピースな雰囲気で満ちていました。
最初に見たのはKREVAのとても気持ちのいいラップでした。「くればいいのに」という新曲での櫻井和寿とのデュエットはとても印象的でした。会場の全てのお客さんが、聴きいっていました。そして何と言っても目玉なのがトリのMr.Childrenです。ステージエリアの芝生は全てのお客さんで埋め尽くされていました。台風で中止になってしまった分を取り返すような、とても熱いパフォーマンスでした。個人的に良かったのが「I’LL be」という曲で、アレンジがされていて桜井和寿のシャウトがフェスへの熱い想いを象徴するようでとても印象的でした。
約3万人もの人が参加したフェス、家に帰ったあともそれぞれがフェスで感じたことを持ち帰って、実践していくことが私達にできる最低限のことなんじゃないかと思います。それには、きっかけが必要で、まずは現実を知ること、そのうちのひとつのきっかけが今回のap bank fesであると思いました。来年も再来年もできるだけ長く続けて、より多くの人に参加してもらいたいフェスだと思いました。

LIVE EARTH 東京会場 レポート

2007年7月7日、世界七ヶ国で開催された live earth.
(2005年開催されたアフリカ貧困撲滅支援コンサート“ LIVE 8 ”でエミー賞を受賞したケビン・ウォールと、気候の危機を訴えた映画「不都合な真実 - An Inconvenient Truth」の作者である元アメリカ合衆国副大統領のアル・ゴアを中心メンバーとして発足された「地球温暖化の危機」解決に向けたグローバル・キャンペーン・プロジェクト“ SOS ”が最初に手掛ける巨大イベントです。 live earthサイト:http://www.liveearth-japan.jp/ より引用)
このライブイベントに参加した A SEED JAPAN エコ貯金プロジェクトメンバーと、エコカルプロジェクトメンバーのレポートを二本立てでお届けします。

070707_LiveEarth.JPG


【レポート1】
レポーター:つっちー
A SEED JAPANエコ貯金プロジェクトメンバー(男性、30代)


2007年7月7日、地球温暖化防止を訴えるライブイベント、LIVE EARTHが世界7ヶ国9都市で同時開催されました。僕らが参加した東京会場(国内では他に京都で開催)では、RIZE、絢香、大塚愛、Cocco、LINKIN PARKなどまさしく旬のアーティストが出揃い、ファン層も若い20代〜30代前半の人が多かったのが印象的です。

会場ではロビーに「京都の約束」「ストップ温暖館」などのNGOのブースが並び、僕らもA SEED JAPANエコ貯金プロジェクトとして、環境や社会に配慮した銀行を選んでいくことの大切さをアピールしました。ライブ会場への人の流れとブースの配置がちょうど交差している形だったので、正直どれだけの人が来てくれるか不安な面もありましたが、ライブ中盤になると休憩中の参加者がNGOブースを訪れてくれるようになりました。特に「京都議定書を守るための制度をつくってほしい!」という言葉を国会議員に届けるプロジェクト「京都の約束」は人気を集め、数多くの署名が集まったようです。エコ貯金プロジェクトでも、多くの方にガイドブックを配布し、エコ貯金の考え方を知ってもらうことができました。

ライブの模様はロビー会場にも中継され、それぞれのアーティストが自分なりのエコロジーなメッセージを伝える場面がありました。個人的には、RIZEが「僕らのおじいちゃんたちは、孫である僕らの世代のことを考えて時代をつくってくれた。僕らも将来の子供たちのために時代をつくりたい」というメッセージを伝えていたのが心に残りました。温暖化の問題解決のためには、現世代の人々が、遠い先の時代をどこまで大切に思えるか、が鍵。こうしたメッセージが若いアーティストから若いファンに伝わっていくこと自体が、このイベントの大きな価値であったように思えます。

【レポート2】
レポーター:りんご
エコカルプロジェクトメンバー(女性、20代)


2007年7月7日(七夕)に、アルゴア氏の呼びかけにより温暖化問題解決のために世界同時開催されたLIVE EARTH(東京)に行ってきました。前夜にはニュースで取り上げられたり、当日はインターネットで配信されたりするなど、世界中の人達が注目するイベントであると感じました。

会場での様子は、入り口入ってすぐにNGOエリア、飲食/マーケットエリアが続き、隣のホールがライブエリア。飲食/マーケットエリアとNGOエリアに大きなごみ箱スペースがあり、なんと9つもの分別がされていて、「徹底的に分別されているな」というお客さんの声もあったほど。まわりを見渡してみると、ゴミ箱にくるお客さんはごみをきちんと分別しているし、ごみはほぼ落ちていないし、お客さんの意識も高いように思いました。音楽を楽しむ空間がクリーンっていいなぁと実感しました。

ライブでは、それぞれのアーティストの音楽も楽しみつつ、アーティストの言葉にじっくり耳を傾ける部分もあり普段行くライブとは違う雰囲気でした。印象的だったのは、沖縄出身のCoccoが「沖縄の海に沈んでいる基地ヘリポート施設の海底調査機の真上に2匹のジュゴンが泳いでいることが発見されました。私は、戻ってきてくれたジュゴンに一生をかけて向き合おうと思いました。」と語ったくれたこと。その言葉を聞き、環境問題や温暖化の問題というのは世界規模の問題であるけれど、自分が住んでいる地域から自分ができることから行動することが大切だと考えさせられました。

また、LINKIN PARKは2曲終えたところでステージ前の柵が壊れるというハプニングが起こったほどの観客の熱気と盛り上がり、そんな中、メンバーのマイク・シノダが「環境問題は僕たちの世代にとって、重大な問題のひとつです。LIVE EARTHやMusic For Reliefなどのイベントに参加して、"努力すれば大きな変化をおこせる"と思いました。今年、リンキンパークは環境にやさしいツアーを行う努力をします。(中略)耳を傾けてくれてありがとう。」と日本語で語ってくれた姿にお客さんからわっと声援と拍手が起こりました。温暖化問題という、果てしない問題に対し、アーティストから発せられる音楽とメッセージから私たちひとりひとりがどのように考えて、そして行動してゆくのか、向き合えた一日でした。

今、MSNでビデオ動画配信中!
■Cocco
http://jp.video.msn.com/v/ja-jp/v.htm?f=msnhomechlist

■LINKIN PARK
http://liveearth.jp.msn.com/videos

その他の各地域のアーティストも公開中★

参考
■不都合な真実
http://www.futsugou.jp/

■Green Peace 辺野古関連リンク集
http://www.greenpeace.or.jp/info/features/okinawa/link_html 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。