2009年02月11日

Michael Heart「僕らは屈しない」(ガザのための歌)



シリアで生まれ欧州(スイス、オーストリア)、中東、米国で育ったマイケル・ハートは文化的多様性を備えたシンガー・ソング・ライターだ。1990年にロス・アンジェルスに移り本格的な音楽活動を開始した。

【エコカルポイント】
エコカルポイント1.2009年1月イスラエルによるガザ攻撃の問題を訴え、支援を募るためにSONG FOR GAZA "We will not go down"を作曲し、オフィシャルウェブサイトで無料でダウンロードを出来るようにしている。
"We will not go down"はYou Tubeでの視聴者の数は500万回を超えた。



【オフィシャルサイト】
http://www.michaelheart.com/Michael_Heart_Music.html

【オススメ作品】
UNSOLICITED MATERIAL

【無料視聴(ダウンロード可)】
SONG FOR GAZA "We will not go down"
「僕らは屈しない」(ガザのための歌)


【参考】
http://www.lastfm.jp/music/MICHAEL+HEART

(情報提供:TUP速報http://www.egroups.co.jp/group/TUP-ML/

----------------------------------

SONG FOR GAZA "We will not go down"
僕らは屈しない(ガザのための歌)

マイケル・ハート作
----------------------------------

続きを読む(歌詞和訳など)
タグ:平和 試聴

2008年12月25日

MONGOL800

【エコカルポイント】
エコカルポイント1.エコカルポイント1."琉球愛歌"の歌詞では、「忘れるな琉球の心 武力使わず 自然を愛する 自分を捨てて誰かのため何かができる」や、"Song For You"の歌詞では、「いったいどれだけの子供達の命が戦争犠牲になった」(英詩)といった地元・沖縄で育った彼らだからこその言葉で戦争に対する想いを力強く、ストレートに歌っている。


エコカルポイント2.スマトラ沖大津波の被災地に教育施設を送るチャリティコンサート、「Sound Rainbow」に出演。このコンサートは被災地の人々、特に未来ある子どもたちに再び教育の場を提供するために行われた。


エコカルポイント3.オススメ作品でもある、アルバム「MESSAGE」の歌詞カードには反基地闘争の報道写真や、沖縄戦をモチーフにした木版画がデザインされていて、アルバム自体が「戦争」というテーマ性の強い作品になっている。


【オフィシャルサイト】
http://www.highwave.co.jp/mongol8/


【オススメ作品】
MESSAGE(2001)
Daniel(2006)


(更新日:2006/12/12)


タグ:平和

2008年12月12日

MR.CHILDREN

【エコカルポイント】
エコカルポイント1. 「シフクノオト」に収録されている「タガタメ」という曲では「子供らを被害者に 加害者にもせずにこの街で暮らすため まず何をすべきだろう?」と歌っており、今の社会に対するメッセージソングである。より多くの人に一早く、この曲を聞いて欲しいという想いから、ラジオのみの放送をした。そして、2005年に行われた、愛・地球博「国際赤十字・赤新月パビリオン」に「タガタメ」を提供して、世界で戦争、自然災害などの境遇に遭っている人々の映像と共に流され、多くの人々に世界の現状を知らせることができた。

エコカルポイント2. 1995年に発売された「シーソーゲーム〜勇敢な恋の歌〜」のCD売上金、アーティスト印税を全て、阪神淡路大震災の義援金として寄付をした。また同年、AAA(ActAgainst AIDS)患者救済募金活動の一環として、サザンオールスターズの桑田佳祐とMr.Childrenで「奇跡の地球」を発売した。歌詞の内容は、エイズ、戦争感染症をイメージさせる内容であり、当時としては珍しい作品であり、社会に大きな影響を与えた作品である。

エコカルポイント3. 「tour2004シフクノオト」の「ニシエヒガシエ」では、Vocalの桜井和寿がソファに座り世界の悲惨なニュースの映像を見ながら、テレビ画面に引き寄せられるように近づいていくという、とても社会的メッセージ性の強い演出がされている。

エコカルポイント4. メンバーの櫻井和寿は多方面で社会的活動をしている。環境問題に対する活動として、2003年に小林武史、坂本龍一らと非営利組織ap bank(環境保全の為のプロジェクトへ低金利で融資する非営利の金融機関)を設立した。apbankの活動を担っているBank BandのVocalもつとめている。そしてその他の分野でも多くの活動をしており、2001年、地雷根絶キャンペーンの一環として結成されたZERO LANDMINEに参加。同年10月アジア・アフリカの恵まれない子どもたちに学校をプレゼントするチャリティ・コンサート「Dream Power ジョンレノンスーパーライブ」に小林武士、田原健一と共に参加。ここで披露したジョン・レノンの楽曲「Mother」を後に街角ダウンロード端末「MUSIC DELI」にて期間限定発売し、その売り上げをすべてアフガニスタン難民に寄付した。2005年からイギリス、アイルランドで始まったホワイトバンドプロジェクトに参加。2006年、エイズの予防啓発を呼びかけるイベント「RED RIBBON LIVE2006」に参加。

エコカルポイント5. 「ap bank fes’05」,「ap bank fes’06」に参加。
 
【オフィシャルサイト】
http://www.mrchildren.jp/

【試聴】
エソラ

【オススメ作品】
シフクノオト



(更新日:2007/01/04)



2008年02月28日

MISIA


【オススメ作品】 Royal Chocolate Flush(シ)

【エコカルポイント】
エコカルポイント1.2007年、DVD「星空のライヴW CLASSICS + FILM OF MISIA IN KIBERA SLUM」を発売。このDVDには、MISIAがアフリカ滞在中の風景を記録したドキュメンタリー映像が収録されており、スラムで暮らす子供たちの現状など、作品を通して知ることが出来る。また、初回生産限定版にはMISIAがアフリカ滞在中に現地の子供たちの為に書き下ろした曲「太陽のマライカ」がボーナスCDとして収められている。

エコカルポイント2.DVD「星空のライヴW CLASSICS + FILM OF MISIA IN KIBERA SLUM」の発売に合わせ、アフリカ滞在中に撮影した写真などを展示した展覧会「ケニア・キベラスラム展 MISIA MEETING」が開催された。この展覧会では開催初日にMISIAと彼女のアートディレクションを担当する信藤三雄氏、現地でのコーディネーションを勤めた早川千晶氏の3人によるトークショーが行われ、現地で知ったスラムの現状やこれからの思いなどについて熱く語り合った。

エコカルポイント3.2005年より、「ほっとけない世界のまずしさ」キャンペーンに参加。また、自身のコンサートに同キャンペーンのブースを設けるなど、「ほっとけない世界のまずしさ」の活動を広めることに大きく貢献している。

エコカルポイント4.2007年、モトローラ社が主宰したエイズ撲滅を目指すプロジェクト「(RED)」に、同プロジェクトの活動を広報する「RED大使」として参加。このプロジェクトの製品として発売された携帯電話機「M702iS(RED MOTORAZR)」の売り上げと月額請求額の一部がそれぞれ世界基金に寄付される。

【オフィシャルサイト】
http://www.misia.jp/welcome.html

【試聴】
http://musico.jp/contents/contents_index.aspx?id=tYSZ0


(更新日:2008/02/28)
タグ:平和 貧困

2007年12月22日

Peter Garrett(midnight oil)


【オススメ作品】
20,000 Watt R.S.L.: Greatest Hits(1997)

【エコカルポイント】
エコカルポイント1. 1989年に環境保護団体オーストラリア自然保護基金の会長に選ばれた。環境問題だけでなく、核廃絶やオーストラリアの先住民(アボリジニ)の問題等についても積極的に関わっている。2000年に行われたシドニー五輪の閉会式で、アボリジニに対するメッセージとして、胸に「SORRY」と書かれたTシャツを着て登場したことは有名なエピソードとなっている。


エコカルポイント2. 社会問題への強い関心から、1984年から上院選に出馬するなど、政治家としての活動を始める。(この年は落選)2004年に初当選を果たし、2007年、11年ぶりに政権をとった労働党の環境相に指名された。


【オフィシャルサイト】
Midnight Oil
http://www.midnightoil.com/news.html
Peter Garrett
http://www.petergarrett.com.au/


【試聴】
amazonで試聴可能


【その他のオススメ情報】
オーストラリア自然保護基金
http://www.acfonline.org.au/Default.asp?c=14473


(更新日:2007/12/22)
タグ:環境 人権

2007年10月01日

モーニング娘。


【オススメ作品】
ベスト!モーニング娘。2

【エコカルポイント】
エコカルポイント1. 2004年に愛・地球博パートナーシップ事業イベントとしてミュージカル「HELP!熱っちぃ地球を冷ますんだっ」を上演し、地球温暖化防止イベント「モーニング娘。文化祭2004 “熱っちぃ地球を冷ますんだっ。”」を開催。愛・地球博が終わった後もこのイベントは毎年行われ、会場内では地球温暖化をテーマにしたトークショーやショートドラマが行われる他、温暖化防止に取り組む企業の紹介や、遊びながら自然の大切さを考えるための体験ゾーンの設置など、楽しみながら環境問題について学べる工夫がされている。2004年に行われたイベントでは、当時の環境大臣小池百合子の訪問があり、その際環境省が行っている小中学生の環境学習・活動組織「こどもエコクラブ」の特別会員証が授与された。

エコカルポイント2. 2004年、上記のモーニング娘。文化祭2004の公式ガイドブックとして、ソトコトと共同企画にて「モーニング娘。と「ソトコト」の熱っちい地球を冷ますんだっ。大作戦!」を刊行。温暖化やゴミ問題などに対して、家庭でできるさまざまなことを紹介している。

エコカルポイント3. 2004年、愛・地球博パートナーシップ事業イベントに合わせてメンバー石川梨華と道重さゆみによるユニット、エコモニを結成。環境省がイギリスと共同作成した「地球温暖化普及啓発用CD-ROM」に出演した。同年の100万人のキャンドルナイトで解散を宣言するも、当時の環境大臣小池百合子より要請を受け、環境大使として活動を再開した。

エコカルポイント4. 2005年、平成22年度における横浜全市のごみ排出量を13年度に対し30%削減するための行動「ヨコハマはG30」の広報大使となりボランティアで広報活動を行っている他、環境省が行っているチーム・マイナス6%環のくらし応援団など、行政が行っている様々な運動に有志で参加している。

エコカルポイント5.2007年日テレecoウィーク2007のオープニングセレモニーにメンバーの高橋愛、久住小春が参加してエコバックの紹介するなど、各メンバーが環境問題のイベントに積極的に参加。また「モーニング娘。の地球温暖化の恐怖」「モーニング娘。の奇跡の星・地球」など啓蒙用のDVDを製作するなど、さまざまな分野で積極的に活動している。尚、上記のDVDは各都道府県の環境局などで貸し出し用教材として使われている。

【オフィシャルサイト】
http://www.helloproject.com/

【試聴】
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1889108


(更新日:2007/10/01)
タグ:環境

2007年09月23日

宮沢和史



【オススメ作品】
ひとつしかない地球

【エコカルポイント】
エコカルポイント1. 環境goo“地球にリスペクト”にて、世界を旅することにより“地球”をリアルに感じとり、自身の環境に対して、想いを語っている。(コメント一部抜粋→)「地球が生き物であるということを忘れがちなんだと思うんです。」全文はコチラ

エコカルポイント2. 2005年コスモ アースコンシャス アクト アースデー・コンサート〜一つしかない地球〜に参加。宮崎和史氏が少年時代に経験した、世界中の人々の暮らしや文化に触れたことは、”感じる心”を養い、自身の活動に影響を与えた。その外国語教育活動に参加している子供たちのために書いた「ひとつしかない地球」を自身のテーマソングとしている。この曲は「ひとつしかない地球を生きる一人の人間として国境を越えて争うことなくみんなで手と手を合わせて生きていこうよ」と、小さい子供にも分かるようなシンプルな言葉で願いを託した歌になっている。歌詞はコチラ

【オフィシャルサイト】
宮沢和史
GANGA ZUMBA
 
【試聴】
ひとつしかない地球


(更新日:2007/09/23)
タグ:環境

2007年04月11日

MATTHEW SELIGMAN


【アーティスト】
MATTHEW SELIGMAN


【オススメ作品】
Reality(2004)
David Bowieのアルバムにベースとして参加
Nextdoorland(2002)
the soft boyのアルバムにベースとして参加


【エコカルポイント】
エコカルポイント1. 1985年、エチオピアの難民救済のためのライブ「LIVE AID」にデビットボウイのベーシストとして参加。LIVE AIDはその後、20年の時を経て「LIVE8」として世界7カ国で開催された。

エコカルポイント2.2006年、大崎市岩出山の感性福祉体験学習博物館「感覚ミュージアム」で開かれた、音楽で平和を考えるコンサート「Music for peace night」に参加。1985年に開催されたLIVEAIDイベントの記録映像やアフリカ難民のポートレイトの映像を交えながら、 “平和を願うことの大切さ”を現代の日本人に届けてくれた。

【オフィシャルサイト】
■The soft boy
http://thesoftboys.com/news.html

【その他のおすすめサイト】
■LIVE 8とは?(ENGLISH)
http://www.live8live.com/

☆特集☆【Rokkasho Music Index】
MATTHEW SELIGMANは「きけば!わかるさ!六ヶ所問題!」でも掲載しています!


(更新日:2007/04/11)
タグ:環境 貧困

2007年03月05日

MADONNA


【オススメ作品】
AMERICAN LIFE

【エコカルポイント】
エコカルポイント1.1985年、アフリカを飢饉から救うため、ボブ・ゲルドフを中心に、世界的なミュージシャンが集結した伝説的なコンサート 「LIVE AID」に参加。マドンナのほかにはU2、スティング、デヴィッド・ボウイ、エルトン・ジョンらが参加し、1億4千万ドルの募金が集まった。

エコカルポイント2. 2003年、『アメリカン・ライフ』をリリース。反戦をテーマにしたビデオには、軍服のファッション・ショーで舞台を歩くマドンナが、ブッシュ大統領そっくりな男に手榴弾を投げるといった、過激なシーンがあり、アメリカ中に議論を巻き起こた。イラク戦争が開戦するというタイミングであったため、結果的には戦場にいる米軍兵士たちへの配慮から、ビデオの公開は見送られた。

エコカルポイント3. 2005年スマトラ島沖地震のチャリティ番組「Tsunami Aid:A Concert of Hope」に出演。コンサートの収益金は米国赤十字社に寄付された。

エコカルポイント4. 2005年7月、世界9ヵ国で開催された「LIVE 8」でロンドン会場に出演。

【オフィシャルサイト】
http://www.wmg.jp/madonna/


(更新日:2007/03/05)
タグ:平和 人権

2006年10月09日

森山良子


【オススメ作品】
マザーアース(2005)

【エコカルポイント】
エコカルポイント1. 愛・地球博の開会式で「マザーアース」を歌う。

エコカルポイント2. 代表曲「さとうきび畑」は、第二次世界大戦で死んだ父を捜す子供の歌。

エコカルポイント3. 「生きる〜2004‘‘小児など病気と闘う子供たちとともに森山良子With Friend’’」チャリティーコンサートを行う。

【オフィシャルサイト】
http://www.ryoko-moriyama.jp/


(更新日:2006/10/09)
タグ:平和 人権

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。