2008年02月26日

河口恭吾


【オススメ作品】
「普通に生きてゆく事は意外と難しい」
※「地球兄弟」収録

【エコカルポイント】
エコカルポイント1.2005年12月、フィリピンのスラム街で目の当たりにした少女の過酷な暮らしに衝撃を受け、「何かできることはないか」という思いを抱き、また9・11米中枢同時テロで感じた思いから平和や平等を願う楽曲「地球兄弟」を作曲し、2006年10月リリースのアルバムに収録。

エコカルポイント2.2006年10月、「地球兄弟」のテーマに賛同したアーティスト達と共に「地球兄弟プロジェクト」を立ち上げた。地球温暖化などの影響による深刻な環境問題を抱える地域や貧困・人権といった問題を抱える人達に対して、音楽を通じて希望を与える活動ができないものかと考えてのことだ。そして楽曲やコンサートを通じて、問題を抱える人達や彼らの生活環境、自然環境などを広く訴える(アピールしていく)コンサートを開催し、「音楽」を通じて世界の関心を惹起する活動を開始。♪青い青いこの星に生まれた  みんなつながっている兄弟さ…とはじまる楽曲「地球兄弟」は平和、格差、環境問題…国や人が変われば直面する問題も変わるという考えから著作権を放棄。曲のアレンジのほか歌詞の変更も可能とし、カバーを呼びかけると国境を越えて賛同者が現れ、2007年12月現在、7カ国30組のアーティストがカバー。香港「JADE Kwan」のカバー曲が香港チャートで1位を獲得するなど、確実に浸透している。

エコカルポイント3.2006年以降、「音楽で平和のメッセージを伝えていきたい」と「地球兄弟」をテーマに各地でライブ開催。2006年10月に開催されたアジアの人気アーティストが集まった音楽の祭典「ASIAN BEAR MUSIC ALIVE」では、河口の提案で参加者全員が「地球兄弟」をそれぞれの母国語で合唱。2007年夏には地球兄弟プロジェクトのテーマを掲げ各地で野外LIVEを行い、11月に全国ツアー「地球兄弟 CARAVAN LIVE TOUR 2007 旅人:河口恭吾篇」を行った。

エコカルポイント4.2008年3月、「永遠の草原」第一回内モンゴル草原砂漠化防止へのチャリティーライブ出演予定。

【オフィシャルサイト】
http://www.miraclebus.com/kyogo/index.php

【その他のオススメ情報】
地球兄弟プロジェクト
http://www.chikyukyodai.com/

【試聴】
http://www.miraclebus.com/kyogo/disco/a-20061025.html

(更新日:2008/02/26)

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。