2007年08月22日

THE WHO



【オススメ作品】
MY GENERATION

【エコカルポイント】
エコカルポイント1. 2005年、アフリカの貧困を訴えるために世界で同時開催された「LIVE8」に参加。「Who are you」と「Won't Get Fooled Agai」の2曲を披露。出演後、CDのセールスが好調となった THE WHO はアルバムの印税をバンドエイドトラストに寄付すると発表した。

エコカルポイント2. 2005年、"The O2 Silver Clef Awards"の授賞式で、"Robertson Taylor 30th Anniversary Award"を受賞。音楽療法を行う『Nordoff Robbins』が主催しており、収益金は、精神及び肉体に障害を持つ人々の音楽セラピーなどに役立てられる。音楽療法とは、音楽が持つリラクゼーション効果をストレス解消という捉え方だけではなく、科学的な目で捉え、治療にまで発展させたもので、医療介護現場で取り入れられるようになってきている。

エコカルポイント3. ボーカルのRoger Daltreyは十代のガン患者を支援するための団体『Teenage Cancer Trust』の代表者の一人を務めており、2000年より、毎年チャリティーイベントを主催している。収益金は全額『Teenage Cancer Trust』に寄付され、小児ガン患者のための特別治療センターの建設費にあてられる。2007年度は、THE WHOはもちろんのこと、Noel Gallagher(OASIS)、 KASABIANなどが参加。ラインアップに関して、Rogerは、「このショーは数年間で施設の建設費に大きく貢献しただけでなく、ティーンエイジャー達の恐ろしい病気との戦いを支えてきた」と語った。チャリティーショーのほかに、2005年にはチャリティーソングとして「MY GENERATION」をレコーディング、インターネット上で販売し、収益を寄付するなど、積極的な活動を行っている。

【オフィシャルサイト】
http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/who/index.html

【試聴】
ENDLESS WIRE

【その他オススメサイト】
※参考HP
徳島文理大学/音楽療法とは?
http://wwwt.bunri-u.ac.jp/ongaku/therapy/index.html

(更新日:2007/08/22)
タグ:人権
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52355643

この記事へのトラックバック

がんの芽をつむにんじんジュース健康法―末
Excerpt: 西洋医学信仰を妄信する現代の日本医療において、現役の医師が取り組んだ東洋医学的概念の実践、すなわち自然の食材からの自然治癒力、自己治癒力、自己免疫力の底上げによる免疫療法による末期癌への取り組みには確..
Weblog:
Tracked: 2007-10-30 12:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。