2008年12月17日

LINKIN PARK

【エコカルポイント】
エコカルポイント1.2005年、メインボーカルのチェスター・ベニントンは、スマトラ沖地震・津波の被害を受けたタイのプーケット島を訪問。地元のビーチや小学校を訪れ、他の支援者たちと一緒に建物の補修などを手伝った。また、バンドとして米国赤十字社を通じ、10万ドル(約1,040万円)を被災地へ贈った。


エコカルポイント2.2005年、赤十字社とともに、「Music For Relief」を設立。災害の被災者の支援や温暖化対策に世界規模で貢献をしている。


エコカルポイント3.2005年7月、アフリカの貧困を訴えるために世界で同時開催された「LIVE8」に参加。出演に際し、メンバーのマイク・シノダはグループのオフィシャル・サイトを通して「参加できて嬉しい。アフリカの飢餓を救済するために、僕たちに出来ることのすべてを実行したい」と自分たちから行動を起こす決意を語った。


エコカルポイント4.2007年7月7日、地球温暖化防止を訴える史上最大級の世界同日開催音楽イベント「LIVE EARTH」の日本会場に出演。アルゴア氏の呼びかけにより開催されたこのイベントは、迫力のあるパフォーマンスを披露。ライブのMCでは、マイク・シノダが「環境問題は僕たちの世代にとって、重大な問題のひとつです。LIVE EARTHやMusic For Reliefなどのイベントに参加して、"努力すれば大きな変化をおこせる"と思いました。今年、リンキンパークは環境にやさしいツアーを行う努力をします。それは夏のアメリカに始まり、11月の日本に続きます。耳を傾けてくれてありがとう。」と日本語で観客へ語るなど、彼らの意識の高さを見て取れた。


【オフィシャルサイト】
http://wmg.jp/linkin_park/


【試聴】
オススメ作品 『Hybrid Theory


【オススメ作品】
Hybrid Theory(2001)


【その他のオススメ情報】
■LIVE EARTH


※リンキンパークの熱いライブ映像はこちらからみれます


■Music For Relief


(更新日:2007/07/16)


タグ:貧困 試聴

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。