2007年04月11日

坂本龍一


【オススメ作品】
「BTTB」(Back to the Basic, 1998年)
「ライフ」(Life, 1999年)
「ZERO LANDMINE」(シ)

【エコカルポイント】
エコカルポイント1.2000年、債務帳消しキャンペーンに参加。ジュビリー2000(JUBILEE2000)公式ページでメッセージを残している。「今こうしている間にも、世界の重最貧国では子供も大人も飢えや病気で死んでいる。飲み水さえないところもある。でも、ぼくたち日本人は簡単にそれらの国の債務をチャラにできる。それで、どれだけたくさんの人が助かることか。人が助かるだけではなく、ひいては世界的な森林破壊を防ぐことも可能だ。先進国ではたくさんの人が <ジュビリー2000> を支持している。でも、かんじんの日本ではあまり知られていない。もっとたくさんの人に知ってほしい。特に若い人に知ってほしい。だって、これからの世界を生かすも殺すも、若い人の生き方にかかっているから。」

エコカルポイント2.2001年4月25日、GLAY・Mr.Children・DREAMS COME TRUE・DJ KRUSHらを迎え、N.M.L.(NO MORE LANDMINE)を結成。地雷除去活動を支援するためのチャリティーソング「ZERO LANDMINE」を制作、リリースした。このCDの売上金はすべて地雷撤去などの資金に活用された。

エコカルポイント3.2001年、アメリカ同時多発テロ事件をきっかけに、論考集「非戦(共著)」を発表。

エコカルポイント4.2003年3月、アメリカによるイラク戦争に反対し、「チェインミュージック(chain music)」を発表。活動内容は、一人が音楽の一部を作り、それを他のミュージシャンに渡して、次のアーティストが続きを作る、とみんなでひとつの音楽を作るコンセプトになっている。活動の目的は、イラクが戦争状態であるという時間の流れを音楽で刻むこと、平和へのステップを記すこと、戦争が起こっていることを感じながら毎日過ごし、音楽の形で平和への想いを築くと同時に、戦争の時代に終止符をうつこと。2007年現在、22人のアーティストが参加している。

エコカルポイント5.自然エネルギー利用促進を提唱するアーティストの団体artists' power(AP)を創始する。

エコカルポイント6.良い音楽をより多くの人へ届けることが可能になるとすべく、エイベックスグループとともに設立した新プロジェクトcommmons(コモンズ)を結成。commmonsは、エコロジカルパッケージの採用や開発、さらに自然エネルギー(グリーン電力証書購入)の利用によるレーベル運営を手がける。さらに、その都度できる環境配慮への対応を可能な限り実践していくことで、名実ともに「グリーン・レーベル」となることを目指す。

【オフィシャルサイト】
http://www.sitesakamoto.com/

【その他のオススメ情報】
★STOP ROKKASHO とは?
青森県六ヶ所村に在る再処理工場の甚大な放射能汚染を止めるために、坂本龍一とshing02が中心となって始めたプロジェクト。サイトでは多くのアーティストの作品が無償で公開されている。
http://stop-rokkasho.org/

★ロハスクラブ 
http://www.lohasclub.jp/

☆特集☆【Rokkasho Music Index】
坂本龍一は「きけば!わかるさ!六ヶ所問題!」でも掲載しています!

(更新日:2007/04/11)
タグ:環境 貧困 平和
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38483804

この記事へのトラックバック

高橋悠治ピアノ・リサイタル
Excerpt: 水戸芸術館 コンサートホールATMで、高橋悠治の演奏を聴きました。 音楽(クラシック)はよく知りませんが、Bちゃんが音楽好きなのでついて行った。 高橋悠治といえば、世界的に有名なピアニストで作曲家..
Weblog: アワーミュージアム
Tracked: 2007-04-24 23:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。