2007年04月11日

曽我部恵一


【オススメ作品】
ギター(シ)

【エコカルポイント】
エコカルポイント1.米同時多発テロ・アフガン戦争に触発されて書いたというシングル「ギター(2002)」を発売。歌詞について、決して「戦争反対」という戦争をテーマにした曲にみられるメッセージではなく、「戦争にはちょっと反対さ」という彼の素直なそして強い意志が込められている。

エコカルポイント2.「若者や一般の人に、環境を考えてもらうキッカケをつくりたい!」―という企画の主旨に賛同し、2006年12月、仙台で開催された「100万人のキャンドルナイト」連動企画、06MELONエコプロジェクト「杜のともしびLIVE」に参加。なるべく電気を使わないという新しいライブイベントのカタチの中、しっとりと歌い上げた。

エコカルポイント3.「自分が暮らしているところだからやってるんです」。下北沢の道路拡張問題に関心をもち、「sketch of shimokitazawa(2005)」を発表。「道路建設反対!」と強く問題をアピールするのではなく、「今の下北はこんなにすごい素敵な街なんだよ、だから今のこの街を変えられるのは嫌なんだ」と歌を通じ、下北という街の楽しさ・すばらしさを伝えている。ダイレクトなメッセージではない、日常生活のリアルな感覚から生まれた曲を聴くことで、彼の“想い”を知ることができる。その他、Save the 下北沢主催の「キャンドルライト・デモンストレーション下北沢を光でつなごう!」などのイベントにも参加。

【オフィシャルサイト】
http://www.sokabekeiichi.com/

【その他のおすすめサイト】
■エコカルポイントとなっている曽我部さんのコメントは、LOFT PROJECTが発行するエンタテイメントマガジン「Rooftop」の平野氏との対談記事で読める。
曽我部恵一×平野悠(ロフト席亭)対談
http://rooftop.seesaa.net/article/23296539.html

■MELONとは?
みやぎ・環境とくらし・ネットワーク(MELON)というNGO
http://www.melon.or.jp/melon/

■100万人のキャンドルナイトとは?
電気を消してスローな夜を。
http://www.candle-night.org/

■Save the 下北沢
下北沢で起こっている都市計画の問題点を様々なツールで広く・細かく知らせる活動をしている
http://www.stsk.net/candle/

☆特集☆【Rokkasho Music Index】
曽我部恵一は「きけば!わかるさ!六ヶ所問題!」でも掲載しています!

(更新日:2007/04/11)
タグ:環境 平和

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。