2008年12月26日

SUM41

【エコカルポイント】
エコカルポイント1.2004年5月、彼らは、戦争被害を受けている子供たちを救済するためのNGO団体「War Child」の活動の一環で、長期内戦中のコンゴ民主共和国を訪れ、ドキュメンタリー「Rocked : Sum41 in Congo」の撮影を行い、カナダのMuchMusicや米国のMTVで放映された。そして多くの人々にコンゴの現状を伝えることができた。また、不運にも戦闘に巻き込まれてしまい、その時、彼らを救出してくれたのが、NPO団体に所属する国連の代理人Chuck Pelletierであり、3rdアルバム「Chuck」の名前の由来である。その後も、彼らは「WarChild」の人道支援・救済活動に協力し、特に学校再建に力を入れている。


エコカルポイント2.2005年、人権擁護NGO団体アムネスティインターナショナルの寄付金を集めるためにJohn Lennonの曲をカヴァーし、アムネスティのWEBサイト上のみでリリースされ、売り上げはすべて同団体に寄付された。


エコカルポイント3.2005年1月29日、カナダのヴァンクーヴァーで開催された、スマトラ沖地震・津波被害救済チャリティコンサートに参加。


エコカルポイント4.アメリカのブッシュ政権に反対するためのチャリティ・アルバム「Rock Against Bush Vol.1」に「Moron」という曲を提供。


エコカルポイント5.2003年6月21日、カナダのトロントで開催された、SARS被害救済チャリティコンサートに参加。収益金はトロントの旅行業界を中心とした経済復興のために役立てられた。


【オフィシャルサイト】
http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/sum41/index.html


【オススメ作品】
CHUCK


(更新日:2007/02/22)


タグ:平和 人権
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34436634

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。