2006年12月18日

Rage Against The Machine



【オススメ作品】
RAGE AGAINST THE MACHINE
EVIL EMPIRE
LIVE&RARE


【エコカルポイント】
エコカルポイント1. 1992年に発表した1stアルバムの「RAGEAGAINST THE
MACHINE」のジャケットにはベトナム戦争時に、僧侶が焼身自殺している写真が使われており、世界中に衝撃を与えた作品である。この写真がきっかで、ケネディー大統領はベトナム戦争撤退に踏み切ったと言われている。このアルバムに収録されている「Bombtrack」は、1977年にFBIがネイティブ・アメリカンの一地区を爆撃したことを批判した内容になっている。そして、彼らの作品の多くに、社会的メッセージが込められている。
          
エコカルポイント2. 1993年、歌詞規制団体へ抗議するためにロラパルーザ・ツアーのフィラデルフィア公演で、全裸で15分間、演奏をしないというパフォーマンスを行った。

エコカルポイント3. 1999年1月28日、ニュージャージー州、イーストラザフォードのコンチネンタル・エアライン・アリーナで、死刑囚ムミア=アブジャマルの再審請求を訴えるためのコンサートを行った。※ムミア=アブジャマル→人種差別運動に参加。15歳でブラック・パンサーに入党。ラジオの仕事を通じて反政府的な言動を起こしている。1981年12月9日、白人警察官殺人容疑で逮捕された。この事件には多くの矛盾があり、不公平な裁判であると言われている。

エコカルポイント4. チアパス州は天然資源が多いにも関わらず、メキシコの中で最も貧しい州であり、アメリカ合衆国、カナダ、メキシコの3国で結ばれた北米自由貿易協定によって、チアパスの住民の土地の小作農に関する権利が無実化した状態になっている。それを受けて、メキシコ系の父親を持つザックを中心に様々な形で支援をしている。ザックは、「この地区では、10年間で15万人が病気で死んだ。彼らはメキシコの1/3の水力発電を担っているのに彼ら自身は電気のない家で生活している。北大西洋自由貿易条項が、メキシコの農民の土地権利の保障を事実上無効にしたせい。これは死刑宣告に等しい。自分達を守るために彼らは、1994年武器を持って生活必需品を得よ
うとした。この事実から我々は多くを学ぶべきで有る。」とコメントしている。


【オフィシャルサイト】
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Special/RageAgainstTheMachine/


(更新日:2006/12/18)
タグ:平和 人権

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。