2006年10月10日

COCCO

96年インディーズデビュー後、97年に「カウントダウン」でメジャーデビューを果たす。痛々しさを感じさせる歌詞とは裏腹に、柔らかく優しい歌声は、人々の心の奥まで響く。故郷・沖縄の美しい風景や花々などを彷彿させる曲に、故郷へのストレートな思いを感じさせる。2001年、突然 、活動停止を宣言するも、2003年8月15日の終戦記念日を機に復活。ごみで海が汚れていくことへの怒りを込めて「ごみゼロ大作戦」と題する演奏会を開く。以降、毎年、開催されているこの演奏会は、やがて全国のごみ拾い活動へと波及していく。「もしもこの歌が届いたら、海のごみを拾ってね」。このメッセージが多くの人の心を捉えてやまない。
お薦めの曲は、インディーズ時代の曲、『SING A SONG 〜NO MUSIC, NO LOVE LIFE〜』、その名が知られるようになった「強く儚い者たち」、演奏会で歌われた「Heaven’s hell」など。

【オフィシャルサイト】
http://www.cocco.co.jp/

【オススメ作品】
ALBUM『クムイウタ』(強く儚い者たち収録)、
BESTALBUM『ベスト+裏ベスト+未発表曲集』
(SING A SONG 〜NO MUSIC, NO LOVE LIFE〜収録)

(更新日:2006/10/10)
タグ:環境

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。